『ゼロから始める魔法の書』11話感想 十三番さん急にしおらしくなりすぎ!

『ゼロから始める魔法の書』11話感想 十三番さん急にしおらしくなりすぎ!






94: 2017/06/20(火) 00:59:17.61
一番仲間になられても困る奴が仲間になった

95: 2017/06/20(火) 00:59:28.54
子安はなんだったんだ

96: 2017/06/20(火) 01:00:00.94
え?来週でこれホントに終わんのか…?
ってくらいのんびり話進めてたけど…大丈夫なのか?
BGMキャンセルからの突然起き上がるゼロには不覚にもワロタ
あと十三番がいきなり綺麗になりすぎ(見た目含め

97: 2017/06/20(火) 01:00:29.14
前回変なところで次回に続いたのは伏線だったんだな
ちょっと感心した

101: 2017/06/20(火) 01:02:16.17
そもそも十三番は何でゼロが王国を欲しいと思ったんだ?w
突飛すぎるだろ

111: 2017/06/20(火) 01:05:51.88
>>101
穴倉にずっと居て外の世界をまるで知らない事を不憫に思ったんじゃね

117: 2017/06/20(火) 01:09:49.52
>>101
ゼロが安全に外の世界を歩くには、魔女が忌み嫌われ
命を狙われる事のない国が、必要だったってことだろ

107: 2017/06/20(火) 01:04:06.64
てっきり十三番を倒して終わりかと思ってたのに
まさか十三番を下してゼロ達の味方になる発想は無かったわ

119: 2017/06/20(火) 01:10:47.40
>>107
アニメが壮大風にやってるだけであくまでこれ全部1巻の話だからな
他のラノベアニメでいうと3話か4話に新しい仲間出来て次の話って感じだろ
スポンサーリンク




114: 2017/06/20(火) 01:08:45.51

あべま終わり原作漫画既読組

ゼロの魔術師団関連の描写が相変わらず慣れないなー
なんかチープというか
でも今回の穴蔵ゼロと十三番描写はGJだった
珍しく原作も漫画も超えてたと思う

あとゼロと十三番対決からのゼロ復活の流れワラタ

アルバスにあの方は私っていうところはこーゆー風にバラして行くスタイルでいったか
ホルデムの忠犬っぷりの暴走いらんかっただろあれ

十三番がキャラ変更するところこんなんで良いのかと思ったけどそういや元々こんなんだったわ
悪も正義も無く只ゼロの為の結果だけ求めてたわ
ゼロの事抜いたらこんなもんか

115: 2017/06/20(火) 01:08:58.66
過去を見るにゼロを愛していたのはわかる…
が、やり方が完全に間違ってたな…
ゼロが望んでもいないのに喜ぶと思って国ひとつ支配するとか完全にサイコパス

125: 2017/06/20(火) 01:13:37.27
13番ってもしやポンコツ枠なのかな…
やってきた課程は酷いけど憎めないところがある

131: 2017/06/20(火) 01:16:20.43
ゼロの事抜いたら割と普通な十三番さん
いややっぱ普通じゃないわ

135: 2017/06/20(火) 01:20:39.49
13番は傭兵とゼロの仲を赦してくれるんですか?

138: 2017/06/20(火) 01:22:59.89
13番の一人舞台という印象しか残らんそれでいいのかこれw

145: 2017/06/20(火) 01:26:14.70
>>138
原作1巻のアニメ化だとそうなるから仕方ないw

139: 2017/06/20(火) 01:24:05.42

ゼロの魔術師団が猛獣を放とうとしてたのは一番訳わかんなかったw

お前ら自身大して強くないのに喰われるだろってw

146: 2017/06/20(火) 01:28:14.53
アルバスは「リーダーらしくない!」って言われてたけど、そのとおりだなと頷いてしまったw
スポンサーリンク




148: 2017/06/20(火) 01:30:54.59
全体的にぱっとしない。
一巻を12話でしてるらしいが、出し惜しみするような大した原作でもないだろ、なんでこんなゆっくりなんだ。

149: 2017/06/20(火) 01:32:54.92
あれだな、無理な巻数までアニメ化するダイジェストアニメもダメだが、
1巻だけを無理やり引き延ばして12話にするのはもっとダメだったかもしれん。
最後の敵っぽい魔術師たちが全員名前すら設定されていないとかってどうよ?
オリジナル突っ込むならそれくらい作りこめよと思った。
素直に3巻までを範囲にしてれば神父だの死霊魔術師だの聖女だのいいキャラいるのに。
スポンサーリンク




引用:2ch.sc

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加